【足幅が広い方必見!】足幅に合わせてちょっと大きめの靴を選んでいませんか?

こんにちは。
もうすぐ長男が3歳になるパパスタッフの青木です。

先日、巻き爪と靴のサイズについてお話ししました。
まだご覧になっていない方はこちらからご覧ください。
【巻き爪と靴サイズ】足のトラブルは靴のサイズが原因⁈

 

以前のブログでもご紹介しましたが、足のトラブルのほとんどはサイズが合っていない靴を履くことが原因である場合が多いです。

特に、少し大きめの靴で、歩くときに靴の中で足が動いてしまうため、巻き爪やタコ、魚の目のキッカケになってしまいます。

 

そこで、今回は大きめの靴を選ばないコツをご紹介致します。

玄関に並ぶ靴

 

皆さんは新しく靴を購入する際は何を基準に選びますか?

 

サイズ、デザイン、軽さや安全性など色々あると思います。

しかし、ここで1番大切なのはやはり「サイズ」だと思います。

 

以前のブログでもお伝えしているように、当センターでは足にピッタリな靴をオススメしております。

 

ピッタリなサイズを選ぶためには試し履きをし、自分の足の長さや足幅に合うか確認すると思いますが、皆さんは足幅のサイズが変動しやすいことをご存知でしたか?

 

実は足幅は体重がかかっている時とかかっていない時ではサイズが変わります。

 

変動が大きい方は1㎝以上変わる方もいます。

 

ほとんどの方は体重がかかっている状態、つまり足幅が広くなっている状態で靴を選ぶので、必然的にちょっと大きめの靴を選びやすいです。

 

そうならないためには、靴屋さんでしっかり足のサイズを計測してもらうことをオススメします。

 

そして試し履きをして、歩いて靴の中で足が動かないかをチェックすることが大切です。

 

特に靴はカカトにしっかり合わせて履く事が大切なので、カカトがフィットして、つま先立ちしてもカカトが脱げない靴が良いです。

 

今後、靴を新しく購入する際は是非参考にしてみてください。

 

巻き爪やタコ、魚の目でお悩みの方はお気軽にこちらへお電話下さい。
tel:045-560-1723

 

足の専門スタッフが対応します。
横浜巻き爪センター