【動画あり】靴が軽く感じて歩きやすい!巻き爪予防にもなる正しい靴の履き方!

こんにちは。
毎回靴紐を結び直す習慣がついた横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

以前のブログで、大きめの靴を履いていると巻き爪の原因になることがあるとご紹介しました。
まだご覧になっていない方は靴選びのポイントもご紹介していますので、ぜひこちらをクリックしてご覧下さい。
【巻き爪 靴のサイズ】大きめの靴が巻き爪の原因になる理由とは?

 

 

今回は靴が軽く感じたり、歩きやすいさを感じたりすることが期待でき、巻き爪の予防にもなる正しい靴の履き方についてご紹介致します。
※このページの最後には動画解説もありますので、ぜひご覧下さい。

靴紐を結ぶ

 

どんなに良い靴やサイズが適切な靴を準備しても履き方によっては足に負担がかかってしまうことがあります。

 

皆さんは靴を履く時に毎回靴ひもをしっかり締めていますか?

 

靴ひもが常に結ばれたままで脱ぎ履きしている方、カカトを潰して履いている方もいらっしゃるかと思います。

 

靴ひもがしっかり結ばれていないと、足と靴がフィットせずに、歩くたびに足が前滑りしてしまいます。

 

すると、爪先が窮屈な状態になり、爪が圧迫され、巻き爪のきっかけになってしまうことがあります。

 

つまり、歩くときに「靴の中で足が遊ぶ(前滑りする)」ことが、巻き爪や魚の目といった多くの足のトラブルの原因になっています。

 

 

そうならないために、下記のポイントに注意して靴を履いてみて下さい。

 

〜巻き爪を予防する正しい靴の履き方〜

【ポイントその①】

『踵に合わせる』

まず、靴ひもはほどいた状態から履きます。

靴を履いたら踵を床にトントンと打ち付けるように、靴に踵を合わせます。

カカトを潰して履いては靴の機能が活かせませんので、やらないようにしましょう!

 

【ポイントその②】

『つま先からひもを締める』

靴の中で足をしっかり固定するために、つま先の方からひもを締めていきます。

キツく締めるのではなく、足と靴がフィットして、歩いても靴の中で足が動かないようにすることが大切です。

【ポイントその③】

『ひもを結ぶ』

最後にひもをしっかり結んで終了です。

 

普段からこのような靴の履き方ができると、足への負担が軽減され、歩きやすくなりますし、巻き爪の予防にもなります。

 

最初はなかなか習慣づけることが難しいかもしれません。

そんな方は

・朝に家を出る時だけはしっかり靴ひもを結ぶ

・靴を脱ぐ時は必ずひもをほどいて脱ぐ。→履く時に必ずひもを結ぶことになる

 

こんな習慣づけをしたりすることで、少しずつでも靴ひもを結ぶようにして行きましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

もし、巻き爪ですでに痛みが出ている方は靴の履き方を変えるだけでは、巻き爪は改善しませんので、すぐに当センターにご相談ください。
Tel:045-560-1723

【動画】巻き爪を予防する正しい靴の履き方
※BGMが流れますので、音量にご注意ください。