【梅雨の時期に要注意!】水虫の予防法ご紹介

水虫

 

こんにちは。横浜巻き爪センターの河山です。

 

全国的に梅雨入りし、ジメジメした日が続いていますね。

 

こんな時期に気をつけたいのが、「水虫」

 

実は爪の水虫「爪白癬」というものもあります。

 

 

白癬菌は梅雨の時期から夏場にかけて活動的になります。

 

 

 

白癬菌(真菌)は、高温多湿の環境を好むといわれ、湿度80%以上、温度15℃以上になると活発に増殖します。

 

 

 

 

ですので、今からしっかり予防することが重要です。

 

 

今回は爪白癬にならないための予防についてご紹介致します。

 

 

 

それは、足の清潔と乾燥を保つことです!

 

 

具体的に言いますと、

①通気性の良い靴をはく

 

②ストッキングや靴下は必要でないときは履かない

 

③お風呂の脱衣所のマットなどは出来る限り洗って乾燥させておく

(銭湯やプールなどの共用の場では、素足を避ける)

 

 

その他、当センターで行っている爪白癬の治療もご紹介しておりますので、

こちらをご参考ください。⇒【爪水虫 爪白癬】意外な治療法〇〇とは?

 

本格的に暑くなるまでにしっかりと予防しましょう!

 

 

爪白癬や巻き爪でお悩みの方はこちらへお電話下さい。

 045-560-1723

横浜巻き爪センター