【爪切り動画あり】巻き爪を予防する正しい爪の切り方【保存版】

こんにちは。
梅雨明けが待ち遠しい横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

今回は巻き爪の原因になる理由として、最も多い理由の1つである「爪の切り方」についてご紹介致します。

 

このページの下には巻き爪を予防する正しい爪の切り方の動画もありますので、是非ご覧ください。

 

巻き爪を経験された方の中には、爪の切り方が良くなかったと感じていらっしゃる方も多いと思います。

 

では、どんな爪の切り方をすれば巻き爪を予防できるのでしょうか?

 

実は爪を切るときのポイントはたった2つなんです!!

 

《巻き爪を予防する正しい爪の切り方》

①爪は指先と同じ長さにそろえる

 

深爪の画像

爪を切り過ぎた深爪の状態

 


短すぎる爪=深爪は、爪の角も短くなり、巻き爪の原因になってしまいます。

 

爪の正しい長さの画像

 

 

爪は、先端の白い部分が少し残るように、端から端まで指先と同じ長さにそろえましょう。

また爪の伸ばしすぎも巻き爪の原因になるのでご注意ください。
【巻き爪 爪の長さ】爪は伸ばしすぎも注意が必要?

 

 

②爪の角は切り落とさない

 

爪の切り方の画像

 

角を斜めに深く切ってしまうと将来的に巻き爪や陥入爪の原因となります。

陥入爪についてはこちらのページもご覧下さい。

【巻き爪?陥入爪?】併発もする巻き爪と陥入爪の違いとは?

爪の角は、全部切らないで、四角く残すようにしましょう。
爪の角をしっかり残すことが、巻き爪予防の第1歩です。

 

いかがでしょうか?

もっと詳しく知りたい方はこちらのページもご覧ください。
巻き爪を予防する正しい爪の切り方

 

これまで巻き爪を繰り返してしまっていた方も、ぜひこの機会にご自身の爪の切り方を見直し、正しい爪の切り方を実施してみてください。

 

すでに巻き爪の痛みでお悩みの方は爪を切って対処する前に、こちらの番号にお電話ください。
Tel:045-560-1723

 

 

【動画】巻き爪を予防する正しい爪の切り方

※BGMが流れますので、音量にご注意ください。

 

痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター