【割れ爪対処法】爪にヒビが入った時の最善策とは?

こんにちは。
爪が薄くて欠けやすい横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

 

以前のブログで爪を伸ばしすぎると巻き爪になったり、靴に当たって爪が割れたりしてしまうとご紹介しました。
以前のブログはこちらからご覧ください。
【巻き爪 伸ばしすぎ】爪を伸ばしすぎるとどうなるかご存知ですか?

 

 

今回は実際に爪が割れて、「割れ爪」になってしまった後の対処法をご紹介致します。

 

割れ爪の画像

爪がこのように割れた時はどうしたらよいのか?

 

指先をぶつけたり、重い物を爪の上に落としてしまったりすると、爪が割れてしまうことがあります。

 

みなさまは、爪が割れて、亀裂が入ってしまった時はどのように対処していますか?

 

まず、みなさまにお伝えしたいことは割れ爪を放置するのは良くないということです。

 

放置することが何故良くないかについてはこちらのブログをご覧ください。
【爪に亀裂がある!?】 その状態は危険です!

 

 

では、爪が割れた時はどうしたら良いのでしょうか?

 

まず重要なことは

 

「爪にできたヒビや割れをそれ以上悪化させないことです」

 

爪が伸びすぎている場合は爪切りをする必要がありますが、できる限り靴下やストッキングに引っかからないように、丁寧にヤスリで整える必要があります。

 

また、割れ爪の場合は爪が巻き爪になっていても、矯正によって割れが悪化する可能性がある場合は巻き爪矯正もできません。

 

つまり、割れ爪は割れがなくなるまで、爪が伸びるのを待つしかありません。

 

そこで、横浜巻き爪センターでは、割れ爪の補強を実施しております。

 

割れた部分に特殊なカバーを装着することで、割れが悪化しないようにします。

 

悪化せずに、爪が伸びてくれば、亀裂も無くなります。

 

補強中も目立ちませんし、靴下やストッキングに引っかかることもありません。

 

さらに、補強中にネイルを楽しむこともできます。
補強中のネイルについてはこちらのブログもご覧ください。

【写真あり】割れ爪補強中もネイルができます!

 

もし、爪が割れてしまって困っている方は、お気軽にこちらの番号にお電話ください。
tel:045-560-1723

 

巻き爪、割れ爪どちらも対応します。
横浜巻き爪センター