親が巻き爪だと、遺伝で巻き爪になる?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

本日初めて来られた方から、「母親がすごい巻き爪だったんですよ。だいぶ前から形も巻いてるなとは思ってたんですけど、最近になって痛みがひどくなったんです。」というお話を聞きました。

 

今回のように、

「親が巻き爪だから自分も巻き爪になっている」

というケースは実際よくあります。

 

当センターにも、子どもの付き添いで来られたお母さんが、子どもと同じ爪の巻き方をしているというのが多々あります。

 

遺伝の場合、両親が巻き爪というケースもありますし、両親は巻き爪ではないが祖父母が巻き爪というケースもあります。

 

痛みの有無は個人差がありますが、いずれにしても、巻いたまま放置してしまうのは良くありません。

 

「でも遺伝ならどうしようもできないんじゃ・・・」

こう思われている方は、まだあきらめないでください。

 

遺伝であっても、しっかり矯正し、普段の生活から予防することで、再発のリスクを下げることが可能です。

 

当センターでは、矯正後のケアの方法までしっかりアドバイスいたします。

爪の切り方や靴の履き方など、日々の些細なことでも十分予防できますので、巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

予防がもっとも大切です。
横浜巻き爪センター
045-560-1723