高齢者の巻き爪を誘発する三大要因(1)

高齢者が巻き爪になる原因は?

一般的に巻き爪は

・爪の切り方

・靴の選び方、履き方

などが大きく関係し、発症に至ります。

また、高齢者の場合は、上記に加え3つの理由により、巻き爪を発症する場合があります。

 

理由1.爪が乾燥する

年齢を重ねると、肌の水分量が少なくなり、乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、見た目もカサカサになりますね。

化粧水の広告などで、「赤ちゃんのようなもちもち肌」なんてキャッチコピーを見ることがありませんか?保湿をしても以前ほど肌に手が吸い付かなくなった、といったことを感じたことはないでしょうか?

それは、若年期に比べ、肌の水分が失われてきたことが原因です。

 

なぜ肌の話をしたかというと、実は爪も肌の一部であり、年齢とともに乾燥していくからです。

 

爪にも少なからず水分が含まれていますので、加齢により徐々に水分が失われていきます。その結果、爪はギュッと縮み、爪のアーチもきつくなることがあります。

 

また、乾燥により爪は硬くなります。その結果、爪切りの際に、今まで以上に力を入れなければいけなくなったり、割れやすくなるといった、別のトラブルを引き起こすこともあります。

 

高齢者が巻き爪になる2つ目の理由は次のページへ

 

1⃣ 2 3⃣ 4⃣ 5⃣

 

bnr2