ワイヤー矯正と違って、爪が伸びるのを待たずに矯正できます。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

先日、当センターに来院された方から「ワイヤー矯正するために痛みを我慢して爪を伸ばしてました。」というお話しを伺いました。

ワイヤー矯正とは、爪の両端先端に小さな穴をあけて、そこにワイヤーを通して爪を広げる方法です。

しかし、この方法にはいくつかデメリットがあり、そのひとつに「爪が伸びていないとワイヤーの装着ができない」というものがあります。

そのため、深爪の状態では、施術をすることができず、爪が伸びるのを待たなくてはいけません。

当センターに来院された方のように、すでに痛みがある場合は、その痛みに耐えながら爪が伸びるのを待つ必要があり、かなり辛いです。

当センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、そのような辛い思いをせずに、矯正を始めることが可能です。

このような爪の状態でも矯正できます。

爪の表面に特殊なプレートを装着するだけですので、爪が伸びているかどうかは関係ありません。

また、爪を傷つけることもありませんので、体への負担も最小限で済みます。

「巻き爪が痛くて爪を短く切ってしまった」という方は爪が伸びるのを待つ必要はありませんので、1度ご相談ください。

巻き爪専門のスタッフが爪の状態を確認してアドバイスをさせて頂きます。

 

ワイヤー矯正後に巻き爪が再発した方はこちらのブログもご覧ください。

ワイヤー矯正が再発しやすい理由とは?

土日と祝日も予約受付中

横浜巻き爪センター

045-560-1723