帰宅したころには痛みが無くなり、好きなテニスもできるようになりました。

20150918-3

 

【お名前】 K.Tさん

【年齢】 43歳

【性別】 男性

【職業】 サラリーマン

【お客様の声】
深爪のため、5年前から母趾の爪が巻き始め、その度に更に深爪をすることで、痛みを和らげてきましたが、とうとう爪切りも入らず、ニッパーで切るはめになってしまいました。

あまりにも痛くて、スポーツもできずに、耐えていたが、ネットで調べてセンターに来ました。

小さいプレートを趾に貼っただけで、帰宅したころには、痛みが無くなり、好きなテニスもできるようになりました。

プレートを貼る際に、爪の表面を少し削りますが、全く痛みはありませんでした。

【施術担当者より一言】
「痛くなったら爪を切る」というのを繰り返している方はとても多いです。

でも、何度も繰り返してしまうと、Kさんと同じように、徐々に爪が巻いてきて、普通の爪切りでは切るのが難しくなってしまいます。

爪もどんどん食い込んでいくので、痛みも出てしまいます。

Kさんが初めて来られた時は、かなり痛みが強かったですね。

次に来られた時に、「帰ったら痛くなくなってた」という言葉を聞けて、本当に良かったです。

あとは、深爪しないように、正しい爪切りを行って、再発予防をしていきましょう。

テニスも存分に楽しんでください!!

 

※「痛くなったら切る」を繰り返している方は、こちらのブログをぜひご覧ください。
「巻き爪が痛いから爪を切る」は、【負の巻き爪スパイラル】を引き起こします。

 

※個人の感想であり、結果を保証するものではありません。