4月から中学生、高校生、社会人になられた方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

4月から新しい学校に入学された皆さま、あるいは就職された皆さま、おめでとうございます。

新しい生活には慣れてきたでしょうか。

 

生活が新しくなると、洋服や靴も変わってきます。

例えば、制服やスーツ、ローファーやヒールを着用するようになったという方も多いのではないでしょうか。

 

靴が変わると、履き慣れるまでの間は、足への負担が大きくなり、様々な影響が出てくることがあります。

例えば、新しい靴は足になじんでいないため、靴擦れを起こしたり、タコができたり、そして巻き爪になることがあります。

 

特に巻き爪は注意が必要です。

今まで全く痛みがなかった人が、急に指先に痛みを感じ始め、歩くのも辛くなるというケースもしばしば。

ローファーやビジネスシューズ(革靴)は、最初は硬いため、つま先が圧迫されやすく、深爪になっていたりすると、すぐに痛みが出てしまうことも少なくありません。

ヒールを履く機会が増える女性は、つま先が窮屈になるだけでなく、体重もつま先にのってしまい、かなりの負荷が爪にかかってしまいます。

 

痛みが出てしまった場合は、放置してしまうと、腫れたり、出血することもあります。

少しでも違和感を感じている方は、お気軽にご相談ください。

 

また、学生の方はこちらも参考にしてください。

中学生・高校生の巻き爪>>Click!!

 

巻き爪は、症状が軽ければ、早期の改善が見込めます。

 

平日土日も夜9時まで
横浜巻き爪センター
045-560-1723