膝の痛みと巻き爪の関係性をご存知ですか?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

今日、60代の女性の方が来院され、巻き爪の矯正を始めることになりました。

この女性、両足の親指が巻き爪だったのですが、右足だけ巻き方がかなり強い状態でした。

色々話を聞いてみますと、膝が悪いということが分かりました。

以前から右膝に痛みがあり、整形外科で検査したところ、「膝の軟骨がすり減っているせいで痛みが出ている」と言われたそうです。

 

実はこの膝の痛みと巻き爪には関連性があります。

 

2つを関連づけるものは、「かばい」です。

 

私たちは普段普通に歩いていますが、足や膝に強い痛みが出てしまうと、普通に歩くのが難しくなり、痛みをかばうように歩くことになります。

その結果、足にうまく体重をのせることができなくなってしまい、巻き爪を誘発してしまうのです。

 

なぜ体重をのせることができないと、巻き爪になってしまうのでしょうか?

理由は、爪の性質にあります。

 

爪は、本来「巻く」という性質があります。

そのため、老若男女問わず、誰でも巻き爪になる可能性があります。

でも、多くの人が巻き爪にならないのは、「しっかり歩く」ことができているからなのです。

 

「しっかり歩く」というのは、つま先まで使って一歩踏み出すということです。

つま先まで使い、地面を蹴ることがとても大切なのです。

地面を蹴る際に、地面から反発の力が生まれ、その力が爪に作用することで、巻く力を抑えることが可能となります。

20160625-02

つまり、正しく歩くことが、巻き爪の予防につながるということなのです。

 

もし、膝が痛くて、つま先に力を入れることができないとなると、巻く力ばかりが働いてしまいます。

20160625-01

 

横浜巻き爪センターでは、歩き方や靴の履き方など、巻き爪を予防するためのアドバイスも行っておりますので、巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

巻き爪対策は専門家にお任せください
横浜巻き爪センター
045-560-1723