妊婦さんにも安全な巻き爪矯正を行っています。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

横浜巻き爪センターでは、B/Sスパンゲ法と呼ばれる矯正法を採用しています。

 

この矯正法の優れている点は、妊婦さんでも安全に矯正ができるという点です。

その理由は3つあります。

 

理由① 爪を切らないから痛くない

手術のように、爪を切る必要がないため、体へ余計な負担をかける心配がありません。

また、矯正により痛みが出ることもありませんので、今までの生活をそのまま続けることができます。

 

理由② 副作用がない

薬を飲んだり塗ったりする必要がありませんので、副作用などを気にする必要がありません。

 

理由③ 安全性の高いプレートによる矯正

矯正に使用するプレートはグラスファイバー製です。

グラスファイバーは人体に安全というのが大きな特徴であり、国際がん研究機関(IARC)でも認められている、世界的に安全性の高い素材です。

 

妊娠中は、お腹が徐々に大きくなるのに合わせ、体のバランスも徐々に変わってきます。

それが原因で巻き爪になることもあります。

放置してしまうと、巻き爪は悪化する可能性もあります。

出産後は、なかなか自分の時間を作るのが難しくなりますので、早めに矯正をしておくのがおすすめです。

 

「あれ?ちょっと巻き爪かも」と思った方は、早めにご相談ください。

 

※矯正をご希望の妊婦さんへ

B/Sスパンゲ法は、とても安全な矯正法です。しかし、妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいる特別な状態です。そのため、事前に主治医へ「巻き爪の矯正をしても問題ないか」ということを確認して頂けますと、より安心して施術を受けて頂くことができます。

詳しくは、ご予約の際にスタッフへお尋ねください。

 

予約制ですので、事前にお問い合わせください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723