爪白癬でお悩みの方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

当センターでは、巻き爪の矯正だけでなく、爪白癬のケアも行っております。

爪白癬(つめはくせん)とは、別名を爪水虫ともいう爪の疾患です。水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)が爪に感染して発症します。

・爪が白く濁るように変色する

・爪が分厚くなる

・爪がもろくなる

・爪が変形する(巻く)

などの症状が出ます。

 

「あれ?爪が少し変かもしれない」という場合は、早めに検査を受けることをお勧めします。

爪白癬の検査は、医療機関(皮膚科)で受けることができます。

検査の結果、爪白癬と診断されると、飲み薬か塗り薬が処方され、治療を行います。

治療方針に関しては、かかりつけの医師に従ってください。

 

また、爪白癬の治療は、長期に及ぶことが多く、「早く治療を終わらせたい」という方は、当センターでのお灸による施術がお勧めです。

白癬菌は熱に弱いという性質があります。

お灸の熱(※)で菌の繁殖を抑え、症状の進行を防ぐことが可能です。

※お灸は、じんわりと温かい程度の熱です。

 

薬による治療と併用して頂くことで、より高い効果が望めます。

「薬はできるだけ使いたくない」「薬の効果がイマイチ」という方にも有効ですので、お気軽にご相談ください。

 

横浜巻き爪センターでは、灸師(きゅうし)と呼ばれるお灸の国家資格保持者が施術を行いますので、ご安心ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

お灸による爪白癬の施術について>>Click!!

 

※爪に変色などの異常があっても、必ずしも白癬菌に感染しているとは限りません。気になる点がある方は、早めに医療機関で検査を受けることをお勧めいたします。

 

お灸に関するご質問はこちらまで
横浜巻き爪センター
045-560-1723