本日のご相談「巻き爪の矯正をすれば痛みがなくなる?」

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪になるとなぜ痛くなるのでしょうか?

 

答えはとてもシンプルです。

 

巻いた爪が指に食い込み、圧迫されているからです。

 

 

では、どうすれば痛みから解放されるのでしょうか?

 

この答えもシンプルです。

 

爪からの圧迫を取り除くことができれば、それに伴い痛みも取り除かれます。

この圧迫を取り除く方法というのが、「巻き爪矯正」です。

 

当センターでは、B/Sスパンゲ法と呼ばれる、プレートを爪の表面に装着する方法で爪の形を矯正します。

 

下の画像をご覧ください。

20160907-01

かなり爪が食い込んでいるのがわかります。

 

この爪を矯正すると、下の画像のような爪になります。

20160907-02

 

爪が指に食い込まなくなり、圧迫が無くなっているのがわかるでしょうか?

 

横浜巻き爪センターには、年間2500人以上の方が来院されますが、ほとんどの方が施術後すぐに痛みの変化を感じています。

よろしければ、B/Sスパンゲ法を受けられた方の感想をぜひご覧ください。

voice_bnr

 

お問い合わせはこちらから
横浜巻き爪センター
045-560-1723