「痛くない巻き爪はしばらく様子を見ても良い」は正しいでしょうか?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪とは、その名の通り、「爪が横に巻いている状態」のことです。

日本人の10人に1人が巻き爪ともいわれており、巻き爪の大半の方が辛い痛みに悩んでいます。

 

しかし、必ずしも痛みが出るわけではありません。

「巻き爪なのに痛みがない」という方も少なからずいらっしゃいます。

 

さて、この「痛みがない巻き爪」は、そのまま放っておいてもいいものでしょうか?

痛みがあれば「なんとかしたい」と思いますが、「痛くないならしばらく様子を見よう」という方も多いと思います。

 

先に結論を申し上げますと、放置するのは良くないです。

 

理由はいくつかあるのですが、今日はその中のひとつをご紹介いたします。

それは、爪が切りにくくなり悪化する可能性があるということです。

 

爪が巻いてくると、形が丸くなりますので、通常の爪切りでは切りにくくなってきます。

無理をして切ると、爪が割れてしまい、角が短くなってしまうことがあります。

爪の角が短くなってしまうと、周囲を覆う皮膚の圧迫によって、きれいに伸びるのを阻害されてしまい、巻きが強くなることがあります。

また、切り方によっては、爪の断面が鋭利になり、皮膚に刺さって痛みが出ることもあります。

 

ニッパーのような形状の、巻き爪用爪切りというのが市販されていますが、これも、慣れてない人が使うと、意外ときれいに切るのが難しいです。

その結果、やはり切り方が雑になってしまうことがあります。

 

このように、たとえ痛みがなかったとしても、後々悪化したり、痛みが出るという可能性が十分にあります。

 

もしすでに丸まってきているという方は、痛みが出る前に、一度お問い合わせください。

巻き爪矯正専門のスタッフが、爪や指の状態をお伺いし、今後のアドバイスをさせて頂きます。

 

平日土日夜9時までの受付となっております。
横浜巻き爪センター
045-560-1723