「陥入爪っぽいのですが、みてもらえますか?」

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「陥入爪っぽいのですが、みてもらえますか?」

本日はこんなご相談を頂きました。

 

ところで、巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)の違いってご存知でしょうか?

併発しやすいために、混同されがちですが、実は違う症状です。

 

<巻き爪>

爪が横に巻いている状態のことです。

痛みがない場合もあります。

 

<陥入爪>

爪の側部や角が指に食い込み、炎症を起こしている状態のことです。

深爪の人に発症しやすいです。

 

 

さて、冒頭の「陥入爪っぽいのですが、みてもらえますか?」という相談内容ですが、これは爪や指の状態によって変わってきます。

爪が食い込んでいるだけで、炎症がない場合はすぐに矯正を始められるのですが、出血や化膿が著しい場合は、先に皮膚科での治療が必要となるためです。

 

もし、「陥入爪かも」と思われた方は、一度電話でお問い合わせください。

その場で爪や指の状態を簡単に確認させて頂き、今後のアドバイスをさせて頂きます。

電話はこちらから>>045-560-1723

 

陥入爪に関してはこちらも参考にして頂ければと思います。

陥入爪について>>Click!!

 

専門スタッフが対応いたします。
横浜巻き爪センター
045-560-1723