「巻き爪かな?」と思ったらやってはいけないこと、やってほしいこと

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

指先が痛かったり、爪が巻いてきた気がするなどで、「巻き爪かもしれない」と思っても、どうしたらいいのかわからない、なんてことはありませんか?

 

今回は、そんな時に、<やってはいけないこと><やって頂きたいこと>を書いてみます。

 

<やってはいけないこと>

①放置する

巻き爪は、何も対策せずに放置すると巻き方が悪化する可能性があります。

日本人の10人に1人が巻き爪と言われていますが、巻き爪の多くは、生活習慣が原因で引き起こされます。

つまり、私たち自身が、「爪が巻く環境」を作ってしまっているのです。

そのため、その環境が変わらないまま放置することは、さらに巻く可能性を高めてしまいます。

 

②爪の角を切る

巻き爪の方は、ほとんどが爪の角に痛みを感じます。

これは、爪の角が指に食い込んでいるからなのです。

この時に、「痛いから切る」という方がとても多いのですが、実はこれが巻き爪を悪化させる原因になってしまうのです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「巻き爪が痛いから爪を切る」は、【負の巻き爪スパイラル】を引き起こします。>>Click!!

 

 

<やって頂きたいこと>

なによりもまず、専門家に相談することをお勧めします。

横浜巻き爪センターには、年間2500人以上の方が巻き爪で来院されます。

当センターには巻き爪矯正専門のスタッフがおりますので、爪や指の状態を確認させて頂き、改善方法や今後の予定などをご説明させて頂きます。

また、再発予防のアドバイスもしております。

既に痛みが出ている方はできるだけ早く、痛みがないという方は痛みが出る前に、一度ご相談ください。

 

無料相談をご希望の方はこちらから
横浜巻き爪センター
045-560-1723