タコや魚の目など、足のトラブルで困っていませんか?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪で悩んでいる方の中には、足にタコや魚の目ができている方もいます。

実は巻き爪と足のトラブルは、密接な関係があります。

 

たとえば、巻き爪で痛い方の足をかばって歩いたりすることはありませんか?

もしもそうしている方は、既にタコや魚の目ができているか、今後できる可能性があります。

かばって歩くということは、本来とは異なる部分に体重がのったり、負荷をかけることになります。

つま先に体重をのせることができないために、母指球や小指側で歩くことが多くなっていませんか?

その歩き方を続けてしまうと、そこにタコや魚の目ができてしまいます。

それをそのまま放置してしまうと、徐々に大きく硬くなり、痛くなることもあります。

 

横浜巻き爪センターでは、このような足のトラブルを解消するために、フットケアメニューをご用意しております。

足のタコ、魚の目、かかとの角質など、気になる部分がある方は、お気軽にお問い合わせください。

フットケアのみのご予約も受け付けております。

 

当センターは予約制となっています。
横浜巻き爪センター
045-560-1723