妊娠中の巻き爪矯正をご希望の方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

妊娠をきっかけに、巻き爪になることがあるというのをご存知でしょうか?

妊娠中は、胎児が大きくなるにつれ、ママのお腹も大きくなります。

それにより、妊娠前とは体のバランスが変わり、姿勢や歩き方にも変化が生じます。

その結果、かかとからつま先にかけて、正しい荷重を行うことができなくなってしまい、爪にも影響が出てくることがあります。

 

爪にはもともと巻くという性質がありますので、誰でも巻き爪になる可能性があります。

しかし、正しく歩くことで、巻く力を抑えることができるので、全員が巻き爪になる訳ではないのです。この作用については、こちらの記事を参考にしてください。

『歩き方のせいで巻き爪になるって本当??』>>Click!!

 

 

もし、現在妊娠中で、巻き爪で悩まれている方は、一度ご相談ください。

当センターの巻き爪矯正は、手術のような外科処置は一切ありませんし、薬を飲んだり塗ったりする必要もありません。

体へ負担をかけることなく進めることが可能ですので、ご安心ください。

 

ただ、妊娠中というのは特別な状態ですので、些細なことで体調を崩してしまうこともあります。

そのため、当センターでは、できるだけ安心して巻き爪矯正を受けて頂くために、皆さまにお願いをしております。

 

①ご予約の際に、「妊娠中である」という旨を必ず伝えて下さい。

②事前に、主治医に相談して頂き、許可・同意を頂いて下さい。

③ご家族に矯正する旨をお伝えください

 

母子の健康状態を把握している主治医の許可と同意があることで、ご本人はもちろん、ご家族の方にも安心して頂き、当センターで施術を受けて頂きたいと思います。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

妊娠中の巻き爪は、早めにご相談ください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723