深爪により、負の巻き爪スパイラルに陥っていませんか?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪って、本当に痛いですよね。

痛いと、食い込んでる爪を切りたくなりますよね。

 

でも、それは絶対にやらないでください。

 

巻き爪になると、爪の角が指に食い込んできて、そこに痛みが生じます。

爪の角を切ることで、食い込むこともなくなり、痛みから解放されます。

 

しかし、この対処法には落とし穴があります。

 

それは、爪が伸びてくるとまた痛くなるということです。

巻き爪で最も厄介なことは、痛いことではなく、最初から巻いた状態で爪が伸びてくるということです。

そのため、いくら爪を切ったとしても、爪が伸びてくれば、また同じように食い込みます。

 

「それなら、その都度切ればいいじゃないか」

こう思った方、実はそれこそが最も危険なことなのです。

 

短くなった爪の角は、指の中に隠れるように、周囲の皮膚に覆われます。

その結果、爪は常に皮膚からの圧迫を受けやすい状態になっています。

爪が伸びてくるときに、指が邪魔になってしまい、まっすぐきれいに伸びてくることができず、巻き込みながら伸びてくるのです。

 

『痛い⇒爪を切る⇒爪が伸びる⇒痛い⇒爪を切る⇒・・・』

これを、負の巻き爪スパイラルと呼びます。

これを繰り返してしまうと、巻き爪はどんどん悪化してしまいます。

 

年末年始、ゆっくり休むためにも、爪の切り方にはご注意ください。

もし、巻き爪でお悩みであれば、お気軽にご相談ください。

巻き爪矯正専門スタッフが、今後のアドバイスを致します。

 

いつでもお電話ください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723