「痛い・激痛・悶絶」こんな思いをしている方はご相談ください。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪の悩ましいところは、本人にしかその痛みが分からないということだと思います。

 

たとえば、こんな経験はないでしょうか?

・寝る時に布団が当たると痛い

・テーブルの足に指が当たっただけで痛い

・子どもに踏まれたら悶絶するくらい痛い

・正座ができない

・ちょっと物に当たっただけ(「ぶつけた」というほどではない)で激痛

・「痛っ」と思わず発しても、「それくらいで?」という顔をされる

 

実はこれ、実際に当センターに通院されている方から聞いた悩みの一部なんです。

日常生活でいつでも起こりうる些細なことで、本当に痛くなってしまうのが巻き爪です。

 

どうして痛くなってしまうのでしょうか?

それは、文字通り爪が巻き込んで、指に食い込んでいるからです。

常に爪が指を圧迫している状態で、そこにぶつけるなどの刺激が加わると、さらに爪が食い込みます。

その結果、「痛い」「激痛」「悶絶」といった表現の痛みが出てきてしまいます。

 

当センターで矯正を受けている方も、最初は「本当につらい」といった表情で痛みについて説明をしてくれます。

でも、皆さん、2回目に来られるときは、笑顔になっているんです。

巻き爪の矯正をすることで、「つらい痛みから解放される」からです。

 

痛い巻き爪で悩んでいる方は、一度ご相談ください。

また、実際に矯正を受けられた方の直筆の感想も公開していますので、ぜひ参考にしてください。

 

ご相談のお電話はこちらから
横浜巻き爪センター
045-560-1723