痛くなる前に矯正を始める2大メリットとは?

こんにちは。

横浜巻き爪センターの青木です。

当センターに来院される方は、すでに巻き爪による痛みが発生している方が多いです。

その中でも、
「爪切りをしてから痛くなってきた」
「普段履かない靴を履いてから痛みが出てきた」
という方が非常に多いです。

爪切りや靴など、普段なにげなくしていることがきっかけで巻き爪が悪化し、痛みが出ることがあります。
正しい爪の切り方に関するページを紹介していますので、こちらをご覧ください↓↓↓

巻き爪を予防できる正しい爪の切り方

早めに巻き爪を矯正することで大きなメリットが2つあります。

 

 

メリットその①  【苦痛が少ない】

当センターの矯正方法は痛みが出ている状態でも施術可能です。

ただ、痛みを感じなくて良いにこしたことはないですよね。

 

痛みが出る前に矯正することで、今後痛みが出る可能性を限りなく低くする事ができます。
さらに当センターでは再発のリスクを下げるために爪の切り方や靴の履き方なども個別にアドバイスを差し上げております。

 

 

メリットその②  【早く結果がでる】

 

矯正を始める時期が早ければ早いほど矯正も早く終わります。

もし、「巻き爪かもしれないけど、痛くないから様子を見よう」と思っている方は、痛みが出る前に、ぜひ1度ご相談ください。

巻き爪専門のスタッフが爪の状態を確認し、今後のアドバイスを致します。

 

当センター矯正を受けた方の直筆の感想で「もっと早く来れば良かった」という感想をご紹介します。

※画像をクリックして頂くと詳細がご覧になれます。

 

20161111-01

20161102-3

 

痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター
045-560-1723