【早期改善のために】巻き爪が悪化し、炎症症状がある方へ

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

巻き爪になると爪が皮膚に食い込み、皮膚が圧迫されるため、痛みを伴うことが多いです。

 

爪が食い込んで皮膚を圧迫していることで痛みが出ている場合は、爪の形(アーチ)を広げ、圧迫されない形に矯正することで、症状を改善することが望めます。

 

しかし、痛みを我慢して放置してしまうと症状が悪化し、炎症を起こすことがあります。

 

皮膚が赤く腫れる、出血する、化膿するなどの炎症症状が出た場合は『爪が食い込んで圧迫される痛み』『炎症の痛み』が加わるため、さらに痛みが増してきます。

 

特に出血や化膿といった症状がある場合は、矯正の前に皮膚科などの医療機関で適切な処置を行う必要があります。

なぜなら放置してしまうと、細菌による感染症などのリスクも出てくるためです。

 

出血や化膿が止まりましたら、その時点ですぐに当センターにご相談ください。

巻き爪の矯正ができれば、再び出血や化膿するリスクを限りなく下げることができます。

 

当センターが採用しているB/Sスパンゲ法は、爪の端を切る、麻酔を使用するといった、外科的な処置は一切行いません。
爪を傷つけず、体に負担のない矯正法ですので、ご安心ください。

また、巻き爪と併発しやすい陥入爪の場合も同様です。
陥入爪に関してはこちらも参考にして頂ければと思います。
↓ ↓ ↓
陥入爪についてはこちら

ご自身で判断がつかず、矯正した方がいいのか、病院に行けばいいのか分からないという方は、お気軽にご相談ください。

爪に関するご相談はお気軽にどうぞ。
横浜巻き爪センター
045-560-1723