指と爪の隙間にティッシュやコットンを詰めている方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

爪が食い込んで痛い時、「ティッシュ(コットン)をちぎって詰めてます。」という方、いるのではないでしょうか?

爪の角と指の間に挟むと、クッション代わりになって、痛みがやわらぎますよね。

 

でも、これって、爪が食い込むことの根本的な解決にはならないんです。

爪が食い込んでいるのは、爪が巻いているからなのですが、ティッシュを詰めても爪の形が変わるわけではありません。

そのため、一時的な痛みの緩和にはなっても、ティッシュを取ってしまうと、また痛くなってしまいます。

応急処置としては良い方法ですが、「痛みから解放されたい!」と思っている方には、巻き爪の矯正がオススメです。

 

巻き込んだ爪をしっかり広げることができれば、もう指に食い込む心配はいりません。

横浜巻き爪センターでは、「切らない」「痛くない」巻き爪矯正を行っており、正しい爪の切り方などもお伝えしています。

爪の食い込みや痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

巻き爪の根本改善が可能です。
横浜巻き爪センター
045-560-1723