本日のご相談「爪の端が欠けているが、伸びてから行った方がいいですか?」

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

横浜巻き爪センターでは、メールによる無料相談を行っています。

本日は、その中から、割と多い相談内容をご紹介します。

もし同じようなお悩みがありましたら、ぜひ参考にしてください。

 

相談内容は、「爪の端が欠けているのですが、爪が伸びてから行った方がいいですか?」です。

なぜこの質問が多いかというと、爪を伸ばさないといけない矯正方法があるからです。

皮膚科や整形外科では、ワイヤーによる矯正を行っています。

爪の両端に穴をあけ、ワイヤーを通して爪を広げるという方法です。

この方法は、爪先の白い部分がある程度伸びていないとできません。

そのため、巻き爪であっても、「爪が伸びてから来てください」と言われることもよくあるそうです。

こういった経験をされたり、話を聞いたりした方は、「爪が伸びてないとできない」と思いますよね。

 

でも、ご安心ください。

横浜巻き爪センターで行う矯正は、ワイヤーは使いません。

爪に穴もあけません。

爪の表面に、細く薄い、透明なプレートを貼るだけです。

そのため、爪が伸びていない状態、深爪の状態でも、矯正可能です。

たとえば、こんな状態の爪でも、即日矯正できます。

 

もし、巻き爪で不安のある方は、一度お電話ください。

その場で爪の状態を確認させて頂き、アドバイスさせて頂きます。

Tel:045-560-1723

 

毎日夜9時まで受付を行っています。
横浜巻き爪センター