巻き爪の痛みってどんな痛み?

実はとても辛い痛みなんです。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

巻き爪による痛みの原因はとてもシンプルです。

 

巻きこんでくる爪が皮膚に食い込み、皮膚を圧迫するため痛みを感じます。

 

そのため、巻いた爪を広げてあげれば皮膚を圧迫することによる痛みは軽減していきます。

 

当センターが採用するB/Sスパンゲ法は「切らない」「痛くない」「即効性がある」を特徴とした巻き爪矯正法です。

矯正方法についてはこちらをご覧ください

 

ところで、みなさんは巻き爪の痛みがどんな痛みなのかご存知ですか?

 

巻き爪の痛みはやや軽く見られがちですが、実際はとても激しい痛みが発生することもあります。

 

当センターに来院された方は巻き爪の辛い痛みをこのように話されています。

※クリック(タップ)すると、より詳しい内容をご覧頂けます。

◆何もしてなくても痛い

◆夜布団が当たるだけでも痛くて眠れない

◆痛みがひどくて、できれば歩きたくない

◆少し触れるだけでも痛い

 

いかがでしょうか?

 

これほど辛い痛み、できれば経験したくないという方がほとんどだと思います。

 

もし、現時点で巻き爪でお悩みの方やすでに痛みが出ている方は早めにご相談ください。

巻き爪矯正専門のスタッフが、アドバイスさせて頂きます。

 

ご相談はお電話でお気軽にどうぞ。
横浜巻き爪センター
045-560-1723