【もう巻き爪の再発はしたくない!】巻き爪を根元まで矯正します。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

横浜巻き爪センターには、年間2500人以上の方が来院されます。

その中には、過去に様々な巻き爪矯正を受け、再発したために来院される方も多くいらっしゃいます。

 

では、なぜ巻き爪は再発してしまうのでしょうか?

 

巻き爪が再発してしまう要因はいくつかありますが、その中の1つに「爪の根元の形が変わっていない」ということがあります。

 

巻き爪は巻きこみが強い爪の先端に目が行きがちですが、先端だけが巻いているのではありません。

爪の根元まで巻いているケースがほとんどです。

つまり、もともと巻いた形で爪が伸びてきているということです。

 

そのため、爪の先端が広がり、痛みが緩和しても数ヶ月経つと巻いている根元の爪が先まで伸び、元の巻き爪の状態に戻ってしまいます。

 

しかし、当センターが採用しているB/Sスパンゲ法は、爪の先から根元まで矯正することが可能です。

 

根元まで矯正することで、爪の生え方を矯正していきます。

 

その結果、矯正後はきれいなアーチの爪が生えてくるようになり、再発のリスクを下げることができます。

 

当センターでは巻き爪矯正に加え、巻き爪の再発を予防する爪の切り方や靴の履き方も動画でご紹介しています。

ぜひこちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
巻き爪の再発を予防する動画コンテンツ

 

巻き爪の再発でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

横浜巻き爪センター
045-560-1723