巻き爪で「痛いから爪の角を切る」を繰り返していませんか?

爪の角を深く切る必要はありません。

実際に当センターに来院された方の爪です。 これは切りすぎです。

 

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

当センターでは矯正を始める前に爪の状態を確認するため、詳しくカウンセリングをしています。

 

その際に、「爪が伸びてくると痛いので、痛くなったら爪の角を切っていました」

というように、「痛いから切る」を繰り返している方が非常に多いです。

 

実はこの行為が、巻き爪を悪化させる原因になっているのです。

 

巻き爪を予防する正しい爪の切り方はこちらのページをご覧ください。

 

巻き爪の多くは爪の根元から巻いていることがほとんどです。

 

そのため、いくら食い込んでいる爪を切ったとしても、爪の生え方が変わらなければ爪が伸びると元の形に戻ってしまいます。

 

また、短くなった爪は、伸びる際に、周囲の皮膚から圧迫を受けながら伸びてきますので、巻き込みながら伸びてしまうのです。

 

その結果、徐々に症状が悪化してしまい、強い痛みを感じるようになります。

 

場合によっては出血や化膿してしまうこともあります。

出血や化膿の症状がある方はこちらのページをごらご覧ください。

 

当センターが採用しているB/Sスパンゲ法は「切らない」「痛くない」を特徴とした巻き爪矯正法です。

さらに爪の生え方(根元)の矯正ができるため、再発のリスクも限りなく少ない方法となっております。

 

もし、既に上記の切り方をしてまっている方、そして爪を切りながらだましだまし過ごしている方、悪化させる前に早めにご連絡ください。

爪や指の状態を専門スタッフが確認させて頂き、改善に向けてのアドバイスをさせて頂きます。

 

痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター
045-560-1723