え?そんなことで巻き爪って痛くなるの!?(実例紹介付き)

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪って、写真で見ると痛々しい感じに見えますが、必ずしも痛いわけではありません。

少し巻いてるけど全然痛くないという方もたくさんいます。

「痛くないなら平気じゃないの?」と思うかもしれませんが、巻き爪による痛みは突然襲ってきます。

爪が巻き込んでいる時点で、指には食い込んでいますから、何かがきっかけとなり、痛みが出るほど食い込んでしまうことがあります。

 

たとえば、当センターに来院された方の例だと、こんなことがきっかけで痛みが出るようになった方がいます。

・つまづいた

・爪を切った

・冠婚葬祭などで普段はかない靴を1日履いた

・久しぶりにたくさん歩いた

 

いかがでしょうか。

日常の中で普通にありえそうなことがきっかけで、突如痛みが出しまうのです。

一度痛みが出ると、それがしばらく続いたり、痛む頻度が増えることがあります。

そうなると、痛みが出ないようにかばって歩いてしまい、それが続いて勢不良となり、腰痛や肩こりを引き起こすこともあります。

 

いつ、どんな場面で痛みが出るかわからない巻き爪は、早めに形を矯正することをお勧めします。

特に、「巻いてるけど痛くない」という方は、痛みが出る前に一度ご相談ください。

こちらへお電話頂ければ、その場で状態の確認をさせて頂き、今後のアドバイスをさせて頂きます。

Tel:045-560-1723