巻き爪の方が絶対にやってはいけない行為は〇〇です!

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

爪が食い込んで痛いと、どうしても爪を切りたくなります。

だって、くい込んだ部分を切ってしまえば、楽になるんですから。

 

でも、この写真のように、爪を短く切ってしまうのは、巻き爪の方が絶対にやってはいけない行為です。

 

爪を短く切ったところで、爪の丸まりは変わりません。

そのため、同じ形で伸びてきて、また痛くなります。

更に、靴などによってつま先が窮屈になると、爪が圧迫されながら伸びてくるので、もっと巻き込んでしまいます。

その場しのぎで痛みを取り除こうとする爪切りが、巻き爪の悪化を招いてしまいます。

 

こうならないためにも、巻き爪には適切な処置が必要となります。

 

横浜巻き爪センターでは、巻き爪を根本から改善する巻き爪矯正を行っています。

 

根本から改善するとは、つまり爪の生え方を変えるということです。

巻き爪が気になる方は、よく爪を見てみて下さい。爪が生えてくるところから、巻いてませんか?

当センターの巻き爪矯正は、爪の生え方を広げることで、きれいなアーチの爪が伸びてくるようにします。

 

もし、「もう巻き爪で悩みたくない」という方は、まずはお電話ください。

Tel:045-560-1723

 

その場で爪の巻き方などを確認させて頂き、今後のアドバイスをさせて頂きます。