授乳期間中の爪白癬に関するページを公開しました。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

当センターでは、巻き爪以外の爪のトラブルもサポートさせて頂きます。

そのひとつが、爪白癬(つめはくせん)です。

 

爪白癬とは、足の水虫の原因となる菌が爪に感染した疾患です。

爪の変色、肥厚、変形などの症状が見られるのですが、治療には飲み薬や塗り薬が用いられます。

 

 

ですが、諸事情により薬が使えないという方もいます。

例えば、飲み薬は非常に強い薬のため、体調によっては使用できないことがあります。

また、授乳期間中の女性も当てはまると思います。

お子さんへの授乳を考慮し、できるだけ薬は使いたくない、あるいは使えないというママさんも多いです。

 

 

では、その時期に爪白癬になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

 

もしかしたら、当センターでお力になれるかもしれません。

爪白癬には、「お灸」が有効なのをご存知ですか?

まだ諦めるのは早いかもしれません。

新たに公開したこちらのページをご覧ください。

爪白癬に悩む授乳中のママさんへ>>Check!!

 

爪白癬やお灸に関するお悩みがありましたら、こちらへお電話ください。

Tel:045-560-1723