【急に痛くなる⁈】巻き爪の痛みが発生するきっかけとは?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

当センターに来院される多くの方は巻き爪の痛みがすでに発生している場合が多いです。

 

もちろん痛みがある状態での矯正も可能ですが、中には巻き爪の痛みが発生する前に、来院される方もいらっしゃいます。

 

巻き爪矯正は痛みが発生する前に実施することを当センターではオススメしております。

巻き爪を矯正すべきベストタイミングはこちら

 

 

痛みが出る前に矯正をオススメする理由はたくさんありますが、その中のひとつに、「痛くない巻き爪もちょっとしたきっかけで痛みが出る場合がある」からです。

 

当院に来院された方はこんな理由で巻き爪の痛みが急に発生しております。

・就職活動のために皮靴を履いてから痛くなった。

・爪切りをしてから痛くなってきた。

・ランニングしたら痛くなった。

・妊娠中に痛くなってきた。

 

いかがでしょうか?

 

このように、日常生活の中に巻き爪の痛みを発生してしまうきっかけが隠れていることがあります。

 

痛みがないとなかなか自分の爪を気にすることは少ないと思いますが、ぜひ下記の画像とご自身の爪を見比べてみて下さい。

 

 

もし、同じような爪の形をしていたり、少しでも痛みがある場合はすでに巻き爪になっているかもしれません。

ちょっとでも巻き爪かも⁈と気になったら、お気軽に当センターにご相談ください。

tel:045-560-1723

 

土日も毎日朝10時から夜9時まで受付しております。
横浜巻き爪センター