巻き爪を予防できる靴のサイズは大きめ?小さめ?それとも……

靴のサイズが巻き爪のきっかけになるかも

 

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

巻き爪になってしまう原因は様々ですが、その中の一つに「靴」があります。

毎日履く「靴」は巻き爪ととても深い関係があります。

 

靴の種類はたくさんありますが、今回は「靴のサイズ」と巻き爪の関係についてご紹介します。

 

皆さんは普段どんなサイズの靴を履いていますか?

 

脱ぎ履きしやすいちょっと大きめの靴先が細いちょっと小さめの靴を履いている方は巻き爪になりやすいかもしれません。

 

つまり、靴のサイズのはちょっと大きめもちょっと小さめも良くありません。

 

小さめの靴は爪先が窮屈になり、爪に圧迫力が加わるため、巻き爪の原因になります。

 

大きめの靴は脱ぎ履きは楽ですが、歩くと足が前にずれて、いつの間にか爪先が窮屈な状態になってしまいます。

また、脱げないように、足の指で靴底をつかむような動きをするなど、余計な力が入り、つま先への負担が増えてしまいます。

その結果、爪への負担が増えて巻き爪の原因になってしまうことがあります。

 

これらを踏まえて、巻き爪を予防できる靴のサイズは

「自分の足にあった(ぴったりの)サイズ」です。

 

どんな靴でも自分の足にあったサイズの靴を履くことが巻き爪を予防する第1歩になります。

もちろん足に負担の少ない靴もあります。
足に負担の少ない靴の選び方はこちら

巻き爪が少しでも気になっている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

靴のサイズと足に負担の少ない靴を選べたら、次回は正しい靴の履き方をご紹介します。

 

もし、すでに巻き爪の痛みを感じている方は靴のサイズを変えるだけでは爪の形は変わりませんので、一度当センターにご相談ください。
Tel:045-560-1723

 

土日も毎日夜9時まで受付。
横浜巻き爪センター