【ポイントは爪の根元】巻き爪を根元まで矯正する方法とは?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

以前のブログで、当センターの巻き爪矯正は爪を切るなどの外科処置をしない方法ですとお伝えしました。
まだご覧になっていない方はこちらをクリック↓↓↓
【切らない!痛くない!】外科処置をしない巻き爪矯正

 

以前のブログでもお伝えしたように、巻き爪は食い込んだ爪の角を切っても、爪の形が変わるわけではないため、伸びるとまた元の形に戻ってしまいます。

つまり、爪が伸びてきても元の巻き爪に戻らないために、爪の生え方の矯正(根元の矯正)をする必要があります。

 

当センターの矯正は特殊なプレートを爪の表面に貼るだけのシンプルな方法ですが、プレートを装着する位置を変えることで、爪の根元まで矯正することが可能です。

 

まずは食い込みが強い爪の先端から矯正を始めます。

 

まずは爪の先端にプレートを装着します。

 

 

爪の先端が開いたら、今度は爪の根元にプレートを装着して、爪の生え方を矯正していきます。

爪の先端が開いたら、爪の根元にプレートを装着します。

 

 

当センターの矯正を含め、100%再発しない矯正はありませんが、爪の生え方まで矯正し、矯正後も予防対策をすることで再発率を大きく下げることができます。

実際に矯正を受けられた方にたくさんの感想を頂いておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

 

もし、何度も巻き爪の再発を繰り返している方やいろんな矯正を試したけど元に戻ってしまう方は1度当センターにご相談下さい。
Tel:045-560-1723

その場で状態を確認し、今後のアドバイスを致します。

 

毎日夜9時まで受付しております。
横浜巻き爪センター
Tel:045-560-1723