【即効性あり】プレートで巻き爪が矯正される仕組みとは?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

当センターの巻き爪矯正はドイツで考案されたB/Sスパンゲ法を採用しております。

「切らない」「痛くない」を特徴とした、プレートを爪の表面に貼るだけのシンプルな矯正法です。

 

さらに、この矯正法には「即効性がある」という特徴もあります。

 

今回は当センターのプレート矯正の仕組みと即効性がある理由についてご紹介します。

 

まずこの矯正法の仕組についてですが、非常にシンプルです。

本来まっすぐで硬いプレートを巻き爪になっている爪の湾曲に合わせて特殊な接着剤で装着します。

こちらのプレートを使用します。

矯正後も目立たず、靴下に引っかかることもありません。

 

装着されたプレートが本来のまっすぐな形に戻ろうとする力で爪を広げていきます。

プレートが爪を広げようとする力が約4週間持続しますので、通院は月に1回でOKです。

 

では、この矯正法に即効性があるのは何故か?

 

それは「プレート装着した瞬間から爪を広げる力が発生するから」です。

巻き爪の痛みは巻いた爪が皮膚を圧迫するためです。

その皮膚を圧迫している爪がプレート装着直後に広がり始めるため、爪の圧迫が解消されて行きます。

 

痛みが軽減するスピードには個人差がありますが、当センターで矯正を受けられた多くの方は矯正後すぐに効果を実感して頂いております。

直筆の感想がありますので、ぜひご覧ください。

※画像をクリックすると詳細がご覧頂けます。

20151207-1

 

巻き爪の痛みをなんとかしたいとお悩みの方はすぐに当センターにご連絡ください。
tel:045-560-1723

その場で爪の状態を確認させて頂き、今後のアドバイスを致します。