【大切な家族にうつさないために】爪白癬へのお灸について

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

当センターでは、爪白癬に対してお灸の施術を行っております。

 

爪白癬とは・・・

水虫の原因菌となる白癬菌(はくせんきん)が爪に感染した状態を指します。

爪水虫(つめみずむし)と呼ばれることもあります。

 

爪白癬の治療は、菌がいない爪に生え変わるまで期間が必要となりますので、飲み薬や塗り薬を使用しても、中長期の治療が必要となります。

 

また、なかなか症状が改善しないケースもあり、多くの方が悩まれているのが現状です。

 

 

当センターでは、そのような方たちのお力になれればという思いで、お灸を行っています。

 

白癬菌には、熱に弱いという性質があり、そこへお灸による熱刺激を加えることで、菌の繁殖を抑制することが可能です。

 

薬物療法と併用して頂くことで、治療の成功率を上げられる可能性もあります。

 

 

爪白癬は、原因が足の水虫と同じ菌なので、水虫同様、他人へうつることがあります。

 

大切な家族に菌を移さないために、もし爪白癬に悩まれていましたら、お気軽にお電話ください。

Tel:045-560-1723

 

 

当センターでは、施術は全て灸師が行いますので、ご安心ください。

※灸師とは、灸施術に関する国家資格所有者で、日本国内でお灸の施術ができるのは、医師を除いては灸師のみです。

 

詳しい施術内容については、こちらをご覧ください。

爪白癬(爪水虫)の施術について>>Check!!