【妊娠中でもOK】ママの体に負担のない巻き爪矯正

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

妊娠による体型の変化や歩き方の変化によって、爪が巻き込んでしまうことがあり、それが痛みを発することがあります。

 

しかし、妊娠中は、体調管理はもちろん、おなかの赤ちゃんへの影響を最優先に考えて行動しますので、何をするにも「大丈夫かな?」と気になると思います。

 

巻き爪の痛みも、病院での治療を躊躇してしまう人もいると思います。

 

 

横浜巻き爪センターでは、妊婦さんでも安全に安心して施術を受けて頂けるB/Sスパンゲ法を採用しています。

 

この方法は、薄さ0.2mmの特殊なプレートを爪の表面に貼るだけなので、体への負担は一切ありません。

 

通院は月に1回で、何回か施術を行う必要がありますが、出産予定日も考慮してプランを立てますので、通院の不安がある方も、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

本日も妊婦さんが来院され、巻き爪矯正が終了となりました。

予定日が来年1月でしたので、おなかもかなり大きくなっていますが、無事に終えることができました。

巻き爪矯正の感想を頂きましたので、ぜひご覧ください。

 

 

妊娠中の巻き爪にお悩みの方は、こちらへお電話ください。

きっとお力になれると思います。

Tel:045-560-1723

 

 

<妊娠中の矯正をご希望の方へ>

B/Sスパンゲ法は、とても安全な矯正法です。しかし、妊娠中は、おなかに赤ちゃんがいる特別な状態です。そのため、事前に主治医へ巻き爪矯正することをご相談ください。「巻き爪の矯正をしても問題ない」という同意を得て頂けますと、より安心して施術を受けて頂くことができます。

詳しくは、ご予約の際にスタッフへお尋ねください。