【実は深爪だった?】爪が短くても即日矯正可能です。

爪が伸びるのを待たなくても矯正が始められます。

 

これはどちらも深爪の状態です

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

深爪は巻き爪の原因になってしまう。

というお話しはよく耳にすると思います。

 

深爪になると爪が伸びてくる際に、爪が内側に食い込みながら伸びてくることがあります。
爪が食い込むと皮膚が圧迫されるため、痛みが発生します。

 

そのため、痛みが出るたびに爪を切ってしまい、深爪をやめたくてもなかなかやめれないという方もいらっしゃると思います。

 

先日も

「病院に行ったら、まず爪を伸ばして下さいと言われました」

と言って、当センターに来院された方がいらっしゃいました。

 

その方は、自分の感覚ではかなり爪を伸ばしてきたということでしたが、実際はそれでも深爪の状態でした。

 

今の状態でも爪が短いことをお伝えすると

 

「えッ?これでも深爪なんですか?」

 

と驚いていました。

 

今回来院された方のように、普段の爪の長さが深爪になっていると気付いていない方が実は多いです。

 

当センターでは正しい爪の切り方や爪の長さについてもご紹介しておりますので、ぜひ下記のブログもご覧ください。

【適切な爪の長さ】巻き爪を予防できる正しい爪の長さとは?

巻き爪を予防する正しい爪の切り方

 

 

また、当センターでは深爪の状態でも、プレートを装着できるスペースがあれば、即日矯正が可能です。

 

痛みに耐えながら爪が伸びるの待つのはかなり辛いですよね。

 

当センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、爪の表面に特殊なプレートを装着するだけですので、爪が伸びているかどうかは関係ありません。

 

また、爪や指を傷つけることもありませんので、体への負担もありません。

 

「巻き爪が痛くて爪を短く切ってしまった」という方は爪が伸びるのを待つ必要はありませんので、1度ご相談ください。

 

土日も夜9時まで受付
横浜巻き爪センター
045-560-1723