【試合や大会に間に合うかも】巻き爪に悩まずスポーツを楽しもう!

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

5月も下旬に入り、学校で運動会があったり、部活が本格的に始まったり、スポーツがしやすい季節になりましたね。

さて、部活やスポーツで、大切な試合や大会を控えてるけど、巻き爪の痛みに悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

 

当センターに来院される方の中にもスポーツをされている方はたくさんいらっしゃいます。

 

毎日、部活やスポーツをされている方は大きく2つの悩みを抱えていることが多いです。

まず1つ目の悩みは……

「巻き爪の痛みでスポーツ(部活)を楽しめない、集中できない」

 

痛みを我慢しながらでは、もちろん楽しめませんし、パフォーマンスも落ちてしまいますよね。

さらに、痛みをかばった動きをすることで、怪我につながってしまう可能性もあります。

 

 

そして2つ目の悩みは……

「矯正後もスポーツを続けて良いのか?」

大会が近ければ練習も休めませんし、毎日の運動習慣を崩したくありませんよね。

 

 

当センターでの巻き爪矯正ならこのような悩みを解消できるかもしれません。

 

 

当センターではドイツで考案されたB/Sスパンゲ法を採用しております。

 

爪の表面に薄い透明なプレートを貼るだけのシンプルな方法で、外科的処置は行わないため、爪や指を傷つけることもありません。

 

矯正により、爪の食い込みが改善されれば、爪が皮膚を圧迫する痛みが軽減したり、消失することが期待できます。

 

 

さらに、薄いプレートをしっかりコーティングするため、装着後は凹凸もほとんどなく、靴下にひっかかることもありません。

 

青枠の中にプレートが装着されています

 

そのため、矯正したその日から運動することが可能です。

 

また、当センターの矯正は「即効性がある」という特徴もあるので、試合や大会が近くても、矯正ができれば、痛みなくスポーツができるかもしれません。

【即効性あり】プレートで巻き爪が矯正される仕組みとは?

 

もし、「スポーツをやりたいけど巻き爪が痛い」、「部活があって、矯正できるか不安がある」という方がいましたら、すぐにご相談ください。

巻き爪矯正は早期がおすすめです。
横浜巻き爪センター
045-560-1723