【巻き爪 子供】子どもが巻き爪になってしまう原因とは?

こんにちは。
3歳児と1歳児がいるパパスタッフの青木です。

 

当センターには巻き爪に悩む小学生の方から90代の方まで、幅広い年齢層の方が来院されています。

 

今回は子どもの巻き爪についてご紹介致します。

 

当センターには小学校低学年の方も来院されますが、子どもが巻き爪になってしまう原因は次のことが考えられます。

 

子どもが巻き爪になる原因

①爪の切り方

これは大人の方にも多いですが、爪の白い部分を全部切ったり爪の角を斜めに深く切ったりすると深爪になり、巻き爪のきっかけになってしまいます。

正しい爪の切り方はこちらをご覧下さい↓↓↓

巻き爪を予防する爪の切り方

 

 

②靴のサイズが合っていない

子どもの成長は早いから、足が大きくなるのを見越して、ちょっと大きめな靴を履かせたりしていませんか?

歩く時に靴の中で足が動くことが様々な足や爪のトラブルの原因になってしまいます。

 

正しい靴の履き方はこちらをご覧下さい↓↓↓

【動画あり】靴が軽く感じて歩きやすい!巻き爪予防にもなる正しい靴の履き方!

 

③爪が柔らかい

子どもは体の水分量が成人よりも多く、爪自体が柔らかいです。

その柔らかい爪が、②にあるようなサイズの合わない靴などで、爪が圧迫を受け続けると爪が湾曲し、巻き爪になってしまいます。

 

このように、子どもが巻き爪になってしまう原因はいくつかありますが、爪の切り方や靴の履き方を知ることで、事前に巻き爪を予防することができます。

 

また、子どもの爪は成人に比べて柔らかく小さいことが多いので、もし巻き爪になっても巻き爪矯正をすれば早く効果が出る場合が多いです。

当センターで矯正を受けられた方からはこのような喜びの声も頂いております。

※画像をクリックすると詳細をご覧頂けます。

【小学6年生の娘は、登下校ができなくらい巻き爪で悩んでいました。】

20160206-1

 

【巻き爪は何もできないと思っていましたが、治療できてとても良かったです。】

20160716-2

 

 

もし、お子様が巻き爪になっているかもしれないという方はお気軽にこちらへお電話下さい。
tel:045-560-1723

 

安心、安全な巻き爪矯正
横浜巻き爪センター