【巻き爪 陥入爪 予防】巻き爪も陥入爪も予防する正しい爪の切り方

こんな切り方していませんか?
深爪の画像

これは短く切り過ぎている状態です



こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

先日は巻き爪と陥入爪の違いについてご紹介しました。
先日のブログはこちらからご覧ください。
【巻き爪 陥入爪】巻き爪と陥入爪の違いとは?


今回は巻き爪陥入爪予防できる「正しい爪の切り方」についてご紹介致します。



当センターに来院される方の中には


「爪を切ってから巻き爪が痛くなってきた」

「昔から爪の角を切って、痛みをしのいでいた」


という方がいらっしゃいます。


爪の角を短く切りすぎると、爪が伸びる際に爪が巻き込みながら伸びたり、爪が皮膚に刺さったりするので、巻き爪や陥入爪の原因になってしまいます。


巻き爪やで陥入爪の痛みが出た場合、その食い込んだ爪を切れば一時的に痛みが緩和するので、多くの方が「痛くなったら爪を切る」という対処をしていると思います。


しかし、爪を切っても爪の形は変わらないため、元の巻き爪に戻ったり、爪が皮膚に刺さり炎症が起きる陥入爪の原因になったりすることがあります。


そこで、今回ご紹介する巻き爪や陥入爪の予防になる正しい爪の切り方はこちらです。



《巻き爪を予防する正しい爪の切り方》
爪を切る時のポイントは2つです!

ポイント①
『爪の長さは指先と同じくらいにそろえる』
 
爪の先の白い部分は、全部切らずに下の画像のように少し残して切って下さい。
爪の切り方,爪の正しい長さ

ポイント② 
『爪の角は斜めに切らない』
正しい爪の切り方
「端までキレイに切りたい」と思うかもしれませんが、爪の角に爪切りを深く入れて切ると深爪になってしまいます。
陥入爪の原因にもなりますので、絶対やらないようにしましょう


いかがでしょうか?

巻き爪や陥入爪にならないように、是非正しい爪の切り方を実施してみて下さい。

もっと詳しく知りたい方はこちらのページもご覧下さい。
巻き爪を予防する正しい爪の切り方

 
すでに巻き爪になっている方は爪切り自体が難しくなる場合があるので、1度こちらへお電話下さい。
tel:045-560-1723

 
 
痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター