【巻き爪 矯正期間】今月巻き爪矯正を始めたらいつ終わる?

こんにちは。
あっという間に1月が今日で終わり、時の流れは早いと感じているスタッフの青木です。

 

2020年も1月があっという間に終わってしまいますね。

今年は雪が少ないですが、風邪やインフルエンザ、体調を崩している方も多いので、皆さまも体調管理には十分お気をつけください。

 

さて、今回は巻き爪の矯正期間についてご紹介致します。

 

以前こんな理由で来院された女性の方がいらっしゃいました。

「春から夏には裸足になることが増えるので、それまでに爪の形を良くしたい」

この方のように春や夏に巻き爪を気にせず、裸足でおしゃれを楽しみたい女性は多いと思います。

 

では、いつから巻き爪矯正を始めれば春や夏に間に合うのでしょうか?

爪の巻き方、厚さ、硬さ、大きさなどによって異なりますが大体の目安はこちらです。

巻き爪矯正期間の目安

軽度 3~5ヶ月

中度 6ヶ月前後

重度 6ヶ月以上

※通院は4週間に1回となります。

つまり、今(2月に)巻き爪矯正を始めると、軽度の巻き爪であれば早い方で5月〜7月に終了できる可能性があります。

また、当センターの矯正期間の目安は再発予防も含めた期間なので、巻き爪の痛み自体は1回矯正するとほとんどの方が効果を実感して頂いております。
※画像をクリックすると詳細をご覧頂けます。

 

【貼ってい頂いた直後から痛みはなくなりました】

【1回で痛みがなくなりました】

このようなお声を他にもたくさん頂いております。
もっとたくさん見たいという方はこちらからご覧ください。

巻き爪矯正は早期に始めるほど、たくさんのメリットがあります。
※巻き爪矯正を早く始めるメリットは次回以降のブログでご紹介致します。

 

もし、現時点で巻き爪の痛みがある方、春や夏に巻き爪を気にせず裸足になりたい方はすぐに当センターにお電話下さい。
tel:045-560-1723

最善のプランを提案します
横浜巻き爪センター