【安全靴 巻き爪】安全靴を履きながらでも巻き爪矯正が出来る!?

こんにちは。

 

横浜巻き爪センターの落合です。

 

指先に力を入れると、足指に痛みが出る事はありませんか

 

その理由は巻き爪にあるかもしれません。

 

巻き爪とは、正常な爪の形よりアーチが強くなる事を言います。

 

状態によっては皮膚が爪に食い込み、痛みや違和感が起こる事があります。

 

巻き爪になる原因は様々ありますが、その中でも症例が多いのは安全靴を履いている方です。

 

症例が多い理由は、過去のブログで書きましたので下のリンクをご覧下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【巻き爪 安全靴】その巻き爪、靴のせいかも・・

 

安全靴を履いていて巻き爪になっている方・・・ご安心ください。

 

当センターのB/Sスパンゲ法は、安全靴を履いている状態でも矯正をする事ができます。

 

お仕事をしながら矯正が終了した方にインタビューをさせて頂きました。

 

下の動画をご覧下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

※字幕で日本語を選択して頂き、全画面での閲覧を推奨いたします。

※音声が流れますので音量にご注意ください。

 

どの靴を履いても矯正が出来るB/Sスパンゲ法の仕組みは、下のページで詳しく紹介していますので一度ご覧下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【巻き爪 プレート矯正②】B/Sスパンゲ法の4つの機能的メリットとは?

 

巻き爪でお困りの方は、横浜巻き爪センター

 

tel:045-560-1723

 

にお電話下さい。