【海や川へのレジャー】巻き爪矯正中に水に足をつけてもいいの?

海

こんにちは。去年は海を3ヶ所はしごした横浜巻き爪センターの河山です。

 

今年の夏は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか外出が出来ませんよね。

 

ですが、涼を求めて近場の川や海へ行かれる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、巻き爪矯正中の方から

「矯正中は川や海へ入ってはいけないのでしょうか」と質問を頂きます。

 

答えとしましては、『長時間は控えて下さい』

となります。

 

 

巻き爪矯正の施術の最後に、はがれないようにコーティングをしています。

このコーティングは、防水も兼ねていますので、施術直後から、水につける事は可能です。

ただし、長時間は避けてください。

 

爪は皮膚の一部なので、長く水につかっていると、指先が水分を含んでふやけるのと同じで、爪も柔らかくなってきます。

そうすると、爪からプレートに水分が伝わってしまい、プレートがはがれやすくなってしまいます。

 

プレートのはがれやすさには個人差があるのですが、水分に触れている時間が長ければ長いほど、はがれるリスクが上がると考えてください。

 

レジャーなどで水に足を付ける機会がある方は、施術担当者までご相談ください。

 

 

もしはがれてしまった場合は・・・

修正が可能ですので、なるべくその日のうちにご連絡ください。

その他、施術後にご不安なことがあれば、いつでもご連絡ください。

 

 

横浜巻き爪センター
045-560-1723