【爪をはぐ】さらに巻き爪になりやすくなる?

『巻き爪を繰り返してしまうから、爪を剥いでしまいましょう。』

爪を切っても切っても巻き爪が治らず、再発を繰り返した後、本当にツラい経験をされた方、いらっしゃいませんか?

爪の切り方

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑爪の正しい切り方の動画はこちらのリンクをタップしてください。

 

こんにちは。妻の深爪癖の離脱を応援しているスタッフの山田です。

 

深爪『爪を剥ぐ』行為にを繰り返していると、巻き爪になりやすくなるとご存知ですか?

それはナゼでしょう?そして、どうしたらいいのでしょうか??

 

スポーツ、事故によるケガ、治療で爪が剥がされると・・・

 

マラソンや、怪我、または巻き爪治療等で爪が剥がれてしまうと、爪母細胞や爪床と呼ばれる組織が傷つくことがあります。

それらは正常な爪を伸ばす為に必要な組織です。

 

爪母細胞が傷つくと・・・

爪母細胞とは、その名の通り爪の細胞を産むお母さんのような存在です。

爪を剥いだ時に、爪母細胞が傷ついてしまうと、正常な爪が生えなくなってしまうことがあります。

変形した爪が半永久的に生え続ける結果となりえます。

 

爪床が傷つくと・・・

爪床とは、爪と皮膚を密着させる部分のことをいいます。

爪を剥いでしまうと、ここが傷つき安定性が低下し、変形しやすくなります

 

 

まずは正しく爪切りを行い、爪に負担がかからない管理をしましょう。

 

また、当センターの巻き爪矯正方法は、B/Sスパンゲと呼ばれるドイツ式の負担が少ないのが特徴です。

痛くないきらない巻き爪矯正をご希望の方は当センターにご連絡ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

横浜巻き爪センター
Tel:045-560-1723