【横浜 陥入爪】陥入爪が早く良くなる方法!?

こんにちは。

 

横浜巻き爪センターの落合です。

 

前回の私のブログでは、当センターが巻き爪の再発が少ない理由について触れました。

 

まだ確認されていない方は、下のリンクをタップしてご覧下さい。

 

↓↓↓クリック↓↓↓

 

【巻き爪 横浜】再発が少ない理由は根元矯正をしているから?

 

今回は陥入爪がもっとも早く良くなる方法をお伝え致します。

 

そもそも陥入爪と巻き爪の違いはご存知でしょうか?

 

陥入爪とは爪を深く切り過ぎた影響で、爪が伸びる過程で皮膚に食い込み、炎症を伴う事を言います。

 

陥入爪の原因の深爪

 

巻き爪は、爪のアーチが強くなることを言います。

 

当センターでは、爪のアーチを広げる事は出来ますが、炎症を鎮める事は出来かねます。

 

皮膚から炎症が起こりましたら、すぐさま皮膚科に向かいましょ

 

処方されましたお薬をきちんと使用しましょう!

 

炎症の治療中に患部に接触があると、再びぶり返す事があります。

 

接触を出来るだけ避けるためにも、正しく靴を履きましょう!

 

正しい靴の履き方は下のリンクをタップしてご覧下さい。

 

↓↓↓クリック↓↓↓

 

【巻き爪予防 動画あり】巻き爪の予防になる正しい靴の履き方!

 

巻き爪でお悩みの方は横浜巻き爪センターにお電話下さい。

 

tel:045-560-1723