「巻き爪 靴 痛い」巻き爪の方が靴を選ぶには?

こんにちは、東京マラソンにエントリーしたスタッフの理学療法士高岡です。

 

前回は巻き爪になりそうな靴について書きました。

まだご覧になっていない方はこちらからご覧下さい↓↓↓

【巻き爪 原因 理由】巻き爪になりやすい靴って?

 

巻き爪で靴を履くと痛い方、普段靴を買うときにどのように選んでいますか?

 

多くの方は、靴を選ぶ際に

 

「デザイン」

「機能性」

「履きやすい」

「指が当たらない」

「脱ぎやすい」

などを基準に選んでいるのではないかと思います。

 

この中で指が当たらない」「脱ぎやすい」「履きやすい」などを基準に選んでしまうと、

「大きい」「緩い」靴となってしまい、前回書いた「巻き爪になりやすい靴」の条件に当てはまってしまいます。

 

基準としては「サイズの合った靴」「フィットする靴を基準に選んでみてください。

 

ただしサイズはメーカーによって違いがあります。

また、フィット感については個人によって感じ方に違いがあります。

 

なので、基準を作る為に正しい靴の履き方を実践してみてください

まず

①靴を履いた際に踵で合わせる

②紐やマジックテープで足首をしっかりと固定する。

③靴を脱いだ時は、紐、マジックテープをほどく(履く時に結ばないといけないため)

 

以上の正しい靴の履き方をした際のフィット感を基準にしてください。

 

試着をした際に、「靴の中で足が動く」「指が当たる」等は、サイズが合っていない可能性が高いです。

 

サイズが合っていない靴は巻き爪の原因のひとつです。

 

巻き爪でお悩みの方は、せひ正しい靴の履き方のフィット感を基準に靴を選んでみてください

 

巻き爪で困っている方、巻き爪の矯正から、予防までアドバイスをしている横浜巻き爪センターまでお電話下さい。

TEL:045-560-1723

 

予防のアドバイスも実施
横浜巻き爪センター