【横浜 巻き爪 妊婦】妊婦さんが巻き爪になりやすい理由とは?②

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。
先日、妊婦さんは巻き爪になりやすいということをご紹介しました。
まだご覧になっていない方はまずこちらをご覧ください。
今回は妊婦さんが巻き爪になりやすい要因の2つ目をご紹介致します。

2つ目の要因は…

 

「女性ホルモン」
です。

中でも妊娠3ヶ月頃〜妊娠後期に分泌量が増える

 

「リラキシン」

 

というホルモンが関係しています。
このホルモンは簡単にお話しすると出産の準備のために、関節や靭帯を柔らかく緩めてくれる働きがあります。
このリラキシンが骨盤周りを柔らかくしてくれるので、出産には必要不可欠なホルモンです。
しかし、
柔らかくなるのは骨盤周りだけではないのです!
ホルモンは血液によって全身に作用するので、足の靭帯や関節も緩くなり、普段より足のサイズが大きくなることがあります。
すると、普段履いていた靴が合わなくなり、巻き爪のキッカケになってしまいます。
靴選びのポイントはこちらをご覧下さい。
以前ご紹介したのが、
「荷重バランスの崩れ」
今回が、
「女性ホルモンによる影響」
いずれも妊婦さんがご自身でコントロールできるものではありません。
だからこそ、巻き爪のちょっとした痛みや、痛みがない巻き爪も放置せずに、
気づいたらすぐに矯正する事をオススメしております。
少しでも巻き爪が気になったら、お気軽にこちらへお電話ください。
<妊娠中の矯正をご希望の方へ>
当センターが採用するB/Sスパンゲ法はとても安全な矯正法ですが、妊娠中は特別な状態です。
そのため、事前に主治医へ巻き爪矯正することをご相談ください。「巻き爪の矯正をしても問題ない」という同意を得て頂けますと、より安心して施術を受けて頂くことができます。
詳しくは、ご予約の際にスタッフへお尋ねください。
安全・安心の巻き爪矯正
横浜巻き爪センター