【タコ 魚の目 予防】タコや魚の目の予防は巻き爪予防にもなります!


こんにちは。横浜巻き爪センタースタッフの老田です。

以前のブログで
タコや魚の目ができてしまう原因やその違い
についてご紹介しました。
まだご覧になってない方はこちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓

☆タコや魚の目が出来る原因とは?
☆タコと魚の目の違いとは?


今回は「タコ・魚の目の予防」についてご紹介します。

・足のサイズや形に合った靴を履く
・靴底(ソール)が硬くない靴を履く
・ヒールの高い靴を避ける
・保湿をしっかりする  など

このようなことを実践できれば、足の一部分にだけ圧力がかかるようなことがなくなり、タコや魚の目だけでなく、巻き爪の予防にもつながります。

さらに当センターではインソールの作製も承っております。
ご自身の足のサイズや形に合わせたインソールを使用することで

・指をしっかり使えた正しい歩き方ができる
・姿勢が整う

などの効果があり、タコや魚の目、巻き爪の予防がより一層期待できます。


インソールについての詳しい情報はこちらをご覧ください!
↓↓↓↓↓
【巻き爪予防 歩くだけで効果が得られるかも?】巻き爪センターからの新プラン
当センターでは巻き爪だけでなく、タコ・魚の目・角質のケア、インソールのメニューもご用意しております。
足のトラブルにお困りの方はすぐにお電話下さい♪
TEL:045-560-1723
「健康は足元から」
横浜巻き爪センター