【巻き爪 痛み 行動】巻き爪の痛みが出やすい3つの行動パターンとは?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

先日のブログで巻き爪矯正のプレートの種類についてご紹介しました。
まだご覧になっていない方はこちらからご覧ください。
【横浜 巻き爪 プレート】巻き爪矯正用プレートの種類をご紹介します。

 

今回は巻き爪の痛みが発生しやすい3つの行動パターンについてご紹介します。

巻き爪は普段痛みがなくても、ちょっとしたことがきっかけで、痛みが発生してしまうことがあります。

 

〜痛みが発生しやすい3つの行動パターン〜

行動パターンその①

『爪切り』

普段行う爪切りは正しくできているでしょうか?

「爪切りをしたあとに巻き爪が痛くなってきた」

という理由で来院される方がたくさんいらっしゃいます。

 

切り残しの爪が刺さったり、短く切り過ぎたりすると、痛みが発生するきっかけになる場合があります。

 

正しい爪の切り方はこちらをご覧ください

巻き爪を予防する正しい爪の切り方

 

 

行動パターンその②

『履き慣れない靴やサイズが合わない靴を履く』

 

普段履いている靴や靴の履き方は巻き爪の原因になることがあります。

 

職場が変わってヒールを履くようになったり、職場活動でいつも履かない革靴を履いたりすることで、爪先に負担がかかることがあります。

 

その結果、皮膚が圧迫されて痛みが発生してしまうことがあります。

 

出来るだけ自分の足にピッタリのサイズを選び、こちらの正しい靴の履き方を実施してください。
【巻き爪予防 靴 動画】動画あり!巻き爪を予防できる靴の履き方はこちら

 

 

行動パターンその③

『巻き爪を放置する』

 

巻き爪は1度爪が巻き込むと、自然にキレイな形に戻ることはほぼありません。

 

ちょっとした衝撃や少し長く歩いただけで、痛みが発生し、状態が悪化してしまうこともあります。

 

明らかに爪の形が以前より巻き込んでいる方、少しでも巻き爪かもと感じたことがある方は出来るだけ早く巻き爪矯正を始めることをオススメ致します。
早く矯正を始めるメリットはこちらをご覧ください。

【早期矯正 メリット】巻き爪矯正を早く始めると得られる3つのメリットとは?

いかがでしょうか?

 

 

このような行動パターンで痛みが発生しないためにも、少しでも巻き爪かもと感じたことがある方はこちらの番号にお電話ください。
tel:045-560-1723

 

切らない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター